京都の大学でボランティア主体の参加型授業を創りませんか? 授業ボランティア募集!】

10月から、京都工芸繊維大学「リーダーシップ基礎2」の授業を創りませんか?

以下、一問一答形式で。

■大学の授業に、学外のボランティアが授業できるって本当ですか?
はい。90分間中80分間できます。でも、一回だけでなく、15回が基本です。

■本当に学外のボランティアが授業できるんですか?
はい。教員がいる場で、やりますので、可能です。

■どんな人がボランティアをしてますか?
年齢的には20歳前後から40歳過ぎまでの男女問わずです。職業的には、当初は、学生やNPOメンバー、カウンセラー、まちづくりメンバーが多かったですが、最近は、大学や高校の専任教職員も来られます。

■ボランティアに必要な資格や能力とはなんですか?
資格は不要ですが、唯一のお願いは、15週間最後まで一緒にやってほしいことです。途中でやめるのは寂しいですし、最後を一緒に祝いたいと思います。

■なぜボランティアと一緒に授業を創るのでしょうか?
教員が授業するよりも、ボランティアと一緒にした方が学生の学びが大きいからです。教員がやった方がいいところと、ボランティアがやった方がいい場合とがあるからです。

関心のある方は、以下を読んでいただき、希望者はご連絡頂けるとありがたいです。


【京都の大学でボランティア主体の参加型授業を創りませんか? 授業ボランティア募集!】

カテゴリー: アクティブ・ラーニング, 反転授業, 大学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください