投稿者「admin(Tsutsui)」のアーカイブ

【介護中の大問題。補聴器の紛失。これを改善したい!】

一般に高齢化してくると、視力と歩行がネックになりますが、さらに聴力も気になります。 私の母の場合、96歳になっても裸眼で新聞を読んでいるし、歩行もできますので、むしろ問題は聴力の確保です。父が存命の時には、小ぶりのセルフ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【2年間ほぼ毎夜30分間ひたすら雑談してわかったこと】

タイトルがいかにもな感じですが、コロナ禍の広がりの中で、学校が休校になった2020年3月初めに立ち上げて、現在まで2年以上も毎日続けています。午後8時半〜9時の30分間の「夜会」と呼んでいます。たまに用事で出られないとき … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【問いを作る前に、必ず話を聞くこと(傾聴)】 

教師が一方的に説明する授業が多いので、それを改善するためには、学生が考える、つまり「問いを作ること」が重要だとよく言われます。 「問いを作ること」は、学生が能動的に学習するといわれるので、あちこちで奨励されています。実は … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

物忘れ・紛失は、時間が解決する

96歳ともなると、物忘れや紛失が増えてきます。  自立歩行ができて、整理整頓もやりすぎるくらいなので、自分で何かとやっていますが、どうすればいいかといろいろ考えます。 物忘れが起こってもわかってもらうように相手がわかるよ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【「結果を求める時間」と、「結果を忘れる時間」】

96歳母の介護をする一方で、ライブ配信や大学の授業の仕事していると、時間への接し方が変わってきました。 2017年からやっている、ライブ配信サポート業務では、事前の入念な準備と本番でのドキドキした感を体験します。大会場、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【介護しても、なぜ相手に伝わらないのかという介護者のいらだちは、介護と生活の結びつきを感じることです】

「96歳母の介護をしている」というと、他人から「介護大変ですね」と言われます。それはその通りですが、そこで終わると意味がない。むしろ、自分が言ったことがうまく相手に伝わらなかったことをどうすればいいのかを考えています。 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

教師=教える人 ではなく、「場を創る人」

ダイアローグ研究の最大の成果は、いずれがどれだけ正しいかを示すことではなく、意見の異なる人・組織同士が話し合う土壌を創ることだと思う。 学会で、私が「教師=教える人 ではない」と言った時に、「教えなければ教師ではない」と … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【12/22 本年最後の授業公開。オンライン見学者募集!】

これまで順調に習得してきた学生が、自分たちが創りたい授業を創ろうと思って立ち止まっています。 「授業作りってかなり難しい!」 学生は今どうすればいいのか混乱しています。 その姿をほぼ毎回参加していただいている10名近くの … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【12/8 オンライン第10回授業見学者募集! これまでの振り返りと学生グループによる授業作りの基礎作業】

毎回オンライン見学者の方が来ていただきありがとうございます。 初回からほぼ毎回参加していただける方も多く、初回から現在までの学生の変容をじっくり見ていただいていることに心から感謝いたします。 授業終了後には、当日授業の感 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【12/1 オンライン授業見学者募集! 授業仕様書からの授業作り】

この授業では、教師は「教える人」ではなく、多様な関係者が集まって「対話をおこなう場を創る人」です。 したがって、教師が前面に出て進行することは最小限にして、学外からやって来た四名の授業ボランティアが学びの場を進行させてい … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする