7/13(土)ニューヨーク近代美術館(通称MoMA)の対話型鑑賞プログラムを 体験してみませんか?

 

以前、ある有力なサッカーチームが技術力を向上させるよりも、対話型鑑賞を導入した方が効果があるということを聞いたことがあります。明確な目標設定とプロセス管理をした想定可能な歩み寄りも、一見遠回りに思えますが、そこから見えてくる自分はきっと従来の自分とは異なるものだと思います。知り合いがこのプログラムを学んできたので、さっそく体験セミナーを開いてもらいました。ニューヨーク近代美術館(通称MoMA)の対話型鑑賞プログラムを
体験してみませんか?————————–————————–————–
テーマ:絵の中の自分を観る~a tour round the world !!日時:2013年7月13日(土)13時~15時  12時50分にはお集まりください。
場所:京都精華大学 黎明館(れいめいかん)L-001 号教室
http://www.kyoto-seika.ac.jp/
当日の緊急連絡先:京都精華大学 筒井洋一まで 080-4011-1591
費用:社会人3000円 学生1000円。当日お支払ください。
対象者:定員16名(社会人8名、学生8名)一般の方。年齢、男女問いません。
持ち物:特に必要ありません。
気楽な恰好でいらしてください。
内容:数枚の絵画を観てエデュケーターと共に絵画と対話をいたします参加申し込み先:以下のアドレス宛に、氏名、メール、携帯電話(緊急時の場         合以外使用しません)をお送りください。

筒井洋一 ytsutsui@(小文字に変える)gmail.com
*当日のアジェンダ*

13時00分~13時20分 参加者全員でチェックイン、プログラム概要説明

13時20分~14時20分 プログラム開始
3枚~4枚絵画を通して世界旅行に出掛けましょう!
14時20分~15時00分 振り返り、参加者全員でチェックアウト
※当日は多少の時間のズレが出る可能性があります。ご了承ください。

*エデュケーターのプロフィール*
輿石 範子(Noriko Koshiishi)人財開発コンサルタント/教育ファシリテータ
住宅メーカー、外資系IT企業、経営コンサルティングを経て独立。
Life Creator Laboratory代表。http://www.lifecreator-labo.com/
主にプロジェクト支援(会議支援等)という現場中心のコンサルティングを手がける。平行に多摩美術大学非常勤講師を担う。本業の傍ら東京都国分寺市のまちづくりに携わっている。
らぶんじ100人ワークショップ企画、運営、プロジェクト支援など。
http://lovenji.net/

このアートコミュニケーションプログラムは認知症の方へ夢と希望を、
企業変革のツールとしてそして地域活性化の一つの手段として取り入れていく予定。
————————–————————–————–
◇アートコミュニケーションプログラムの背景
ニューヨーク近代美術館(通称MoMA)が1980年代に対話型鑑賞プログラムを
世界に先駆けて開発子供から専門家まで幅広い層に展開していったのが始まりです。MoMaのフランチェスカ・ローゼンバーグ(教育部 コミュニティ&アクセス・プログラム、ディレクター)のもと、プログラムは設計されました。そして2006年にさらに進化させたプログラムを認知症の方とその家族を対象にした「meet me@MoMA」プログラムを開始、絶大な評価を得て、マニュアル化、普及活動を行い現在は米国内外のミュージアム(約80館)で同様のプログラムが実施されています。

MoMAの協力を得て日本では一般財団法人アーツアライブが2011年1月に
ブリジストン美術館を皮切りに高齢者施設、企業人対象の交流会などでプログラムを実施し高い評価を得ています。MoMAのアートアドバイザリーサービス部で企業コレクションの収集制作企画及び企画展実施に関わった経験をお持ちの代表理事の林容子さんを主軸として運営されています。http://www.artsalivejp.org/

◇プログラムの目指すところ
加齢のパラダイムを「時間の喪失」から「獲得と成長」の時へと変化させる、
そして自叙伝やメモワール、家系図を描く事への興味が芽生える人生の時期に
新たな人生の意味と目的(夢と希望)を見出していただく事としています。

◇エデュケーターの役割
場を安全に保つこと、参加者に対して尊敬の念を持っていることを伝えることが
優先されます。連続的にプログラムを実施することで参加者との信頼関係を築いていきます。

◇アートとの対話から生まれるもの
1.アートやアーティストについて意見や考えを深めそれを交換する
2. 知的な刺激を体験すること
3. 個人の物語と世界を大まかにつなげること
4. 個人的な体験や長期記憶を思い出すこと
5.個人的な成長を促す意義のある行為に参加すること

上記は個人差がありますが自分自身の心の扉をひらくきっかけになります。
※カウンセリングではありません。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です