LLL1月例会《ブックカフェ&コミュニティ・スペース》を創るという生活 —移住者の新しい生き方—

SNSやネットメディアが日常生活に深く関わるようになってから、格段にテキストに触れ、読む機会が増えたのは事実ですが、紙に印刷された本に愛着を抱き、本を身近に感じている方もたくさんいます。
もちろん、どちらがいいのか正解か、ではなく、どちらも上手に生かしながら、どのように暮らしていけるのか?

東京で35年間、出版の仕事をしていた60歳が京都に移り住んで新しい生活をはじめています。もちろん、東京でやっていた仕事も、オンラインを使って、京都にいながら支障なく継続しています。

その一方で、京都の住まい(兼会社のオフィス)の一部を開放して、かつてはどこにでもあった多彩多様(いろん)な人達が気軽に集う場をつくりたい。そこをブックカフェ&コミュニティ・スペースにしたいという思いが強くありました。

こうした思いを一つの形にしている話を聞きながら、参加者のみなさんがどういう行き方を生み出すのかを考えましょう。

佐久間さんのインタビュー記事
https://lifeshiftjapan.jp/interview/2098/?fbclid=IwAR3TBvylW-05_Mf9f9G0hAlfXwbTMXQYMOshui7FQrIq_bamuCBwXKSrWJE

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参加の場合には、以下から必要事項を記入することで完了です。
http://num.to/1500-0649-9002
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼ この例会は、こんな方に向いています
今ある生き方から次の生き方(ライフシフト)を考えている
コミュニティづくりに興味がある
現在住んでいるところからの移住を考えている
文化のパーセプションギャップに関心がある
個人そのもの(人じたい)がコンテンツだと考えている
世代間を通したコミュニケーションに関心がある
変化が好きで想定外なことに心躍る

▼ 講師プロフィール: 佐久間憲一さん
株式会社牧野出版 代表取締役
東京都出身、京都市在住、62歳。大学卒業後、1982年4月に新潮社に入社し、写真週刊誌「FOCUS」編集部から始まり書籍編集に従事。2001年6月退社。バジリコ株式会社の常務取締役。2002年9月に退社し、10月からポプラ社でポプラビーチ編集室を立ち上げ室長となる。2004年牧野出版株式会社を買収し、代表取締役に就任する。2017年、60歳のときに妻と共に京都へ移住。同時に、役員1名と経理担当だけを東京に配置し、事業拠点を京都に移して企画編集から庶務、雑務一般までを一人でこなす。京町家を改修した建物の2階を住居・1階をオフィスにした「職住隣接」生活を送る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参加の場合には、以下から必要事項を記入することで完了です。
http://num.to/1500-0649-9002
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼日時
 1月18日(土)(12:30 受付開始) 13:00~17:00
▼会場
西川ローズ 寝装館 北山店
  京都市左京区下鴨南野々神町1-13
https://goo.gl/maps/XhoDfWLRc3L2
 地下鉄烏丸線「北山駅」(1番出口)下車数分
▼参加費
 一般   2,500円
 学生    2,000円
参加費は当日会場でお支払い下さい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください