19後期ボランティア募集(2)ボランティアが入った学びの場を創る

新しい改革をすすめるにあたって、現状を変えることは、新しい仕組みでも変えることが前提になる

江川さん 「先生の取り組みは、学校というしくみを変えてくれますね。」
コメント:変えることが前提でないと、やる意味はないです。
 もちろん、現状を否定して新しい物を創る道はありますが、私は、現状を変える中でできることが多々あると思います。
 教師が知識を教えることが主であるという固定観念を、そうではなく、教師や学生以外の人も入った学びの場を創るのが教師の仕事であると考えています。
 また、常に見学者が学外からやってきて、学生の学びの見守っていきますが、これも現状を変えます。 教えるのが教師でなくても、学生のロールモデルが教える中で、学びの同伴者を創っていくこと。
 以上の事は、大学の現状の枠内で変えていくことですが、このことは、現状と違ったまったく新しい組織を作ったときにも必要なことです。
 現状を変えながらも、実は、新しいことにも必要なことを問題提起しています。


zoomでオンライン参加者からのコメントがもらえる事も、現状で努力すればできますが、新しいものを作ろうという人であっても、オンラインにまで開こうという人は、多くないと思います。リアルが全てで、オンラインは、後回しと考えている限り、社会は、変わりません。

https://www.wantedly.com/users/56507/post_articles/182199?fbclid=IwAR0QjJvpgXd2GNG_cvRN289mjxoaQyxu-CBIFt8wP5ROb47Wkd1VjadymTE

カテゴリー: Zoom, 人材育成, 反転授業, 大学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください