新聞記事・エッセイ

筒井洋一の新聞記事・エッセイ

このページでは,下記コンテンツを紹介しています。

論文以外の文章


エッセイ

「同床異夢」『筒井洋一の肩こりに効く正論』その1

『ビジネス系検定就職指導ニュース』Vol.8、2007年1月、11頁。

項目「情報支援」

『ボランティア・NPO用語事典』

中央法規

2004年4月、70~71頁。

『「テレビ局vs.視聴者」の対立構造を超えて』

木野評論』第35号

青幻舎

2004年3月、268~269頁。

『人間とメディアの相互関係の復権に向けて-9・11事件後の巨大メディアと独立メディア』

『木野評論』第35号

青幻舎

2003年3月、242~248頁。

2001.2.24執筆
エッセイ「昨春、富山大学の教員がベストセラーを出しました!」富山大学学外広報誌

交付された助成金

1998年度
文部省「教育改善経費(学長裁量経費)」『学部教育におけるマルチメディア教材作成のための開発プログラムおよび活用のための講習会開催』
1997年度
文部省「教育改善経費(学長裁量経費)」『日米独三カ国によるインターネット・オンラインシミュレーション・ゲームの実施と政治・国際関係教育への適用』研究代表者 筒井 洋一
1996年度
文部省特別経費「教育研究特別経費」『グループウェアを使った授業、レポート、卒業研究等の共同編集作業とホームページを通じた作品の公開』研究代表者 筒井 洋一
1996-97年度
文部省特別経費「カリキュラム改革研究経費」『言語表現科目共通テキスト作成のための調査およびその完成』 研究代表者 筒井 洋一
1995-97年度
文部省「科学研究費一般研究(C)」『通信ネットワークを使ったドイツ占領政策の基礎的研究 1945-1949年』 研究代表者 筒井 洋一
1995年度
文部省特別経費「大学改革推進経費」『教育用電子メールシステムの導入』研究代表者 筒井 洋一
1993-94年度
文部省「科学研究費一般研究(C)」『社会主義の終焉と連邦制国家の変容ー 東ドイツとユーゴスラビアの比較的考察』 代表者 定形衛,研究分担者 筒井洋一

新聞記事等

2001年03月21日
京都新聞取材記事「Forum in Kyoto FD・SD Seminar:」

大学コンソーシアム京都・ガイダンス教育研究会共催
1999年 2月 5日
北日本新聞取材記事「ネットで国際共同授業」
98年11月10日
読売新聞取材記事「身のまわり、言葉のまわり」
98年 1月 9日
ドイツ・ベルリン日刊紙’Tagesspiegel’にDJ50紹介記事
97年 2月18日
朝日新聞取材記事「NGOとインターネット」
96年12月25日
共同通信取材記事「大学における日本語表現授業」
95年10月10日
Japan Times DJ50取材記事
同日
日本経済新聞 同
94年 1月18日
北日本新聞『談論自由席』「言語表現科目の意義」執筆
92年毎月一回
計十二回 北日本新聞『紙面批評』執筆
91年 7月18日
北日本新聞『談論自由席』「軍縮に積極的役割を」執筆
91年 2月20日
朝日新聞 「岐路に立つドイツ緑の党」執筆
91年 1月12日
北日本新聞連載『ふだん着の米欧見聞録』執筆
90年 3月 3日
北日本新聞 「富大生の衆院選ウオッチング」
12月30日
富山新聞 「統一後のベルリンから」執筆
11月24日
北日本新聞連載「ふだん着の米欧見聞録」執筆
10月15日
北日本新聞 同連載執筆
7月25日
北日本新聞 同連載執筆
5月29日
富山新聞 「日系人強制収容の真実」執筆
89年12月23日
北日本新聞 「『壁』崩壊が教えてくれた」執筆
6月 1日
北日本新聞 「政治腐敗と有権者」執筆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です