小学二年生にめちゃくちゃ大歓迎される!12/6守口市立小学校同士とのオンライン学校交流

11月25日守口市立の小学校ともう一つの小学校とのオンライン学校交流を側面サポートしました。この時も生徒達は興味津々で、ハイタッチしたり、抱きついてきたり、初めてとは思えないくらいの歓迎だったが、昨日はもっとすごかった。

担任の先生がまだいない教室に入ったら、先日、Zoomで私の顔を見たらしく、どんどん近づいてくれる。Zoomの立ち上げをしようとパソコンを開いて、アプリを立ち上げるのだが、その周辺には、生徒達が群がって、まったく操作ができない。

それでも、少し離れたところにいる生徒に、三脚とカメラの設置を頼むときっちりやってくれた。しかも、丁寧に挨拶をして来る。カメラに顔が写ると、再度、画面に群がってきて、操作しようにも私は何も見えない。

そうこうしているうちに、担任の先生がやって来られて、ようやく少し収まった。

確かに始業時間も近づいているので、そろそろ準備完了しないと行けないのだが、こんなに歓迎されることは大学の授業ではまったくない。

さすがに授業が始まると、前を向き、真剣に授業に向かっているのは担任の進め方のうまさだが、個人的にはずっと黒山の人だかりの中で授業ができれば、極楽だった。

小学校という未知の世界だが、そこには学びたいという生徒達の意欲が現れていたのだった。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください