【講師がよくても,一方通行のシンポジウムを改善する】

12月9日高大連携教育フォーラムがありました。
http://www.consortium.or.jp/project/kodai/education-forum
そこで、シンポジウムのコーディネーターを務めさせていただきました。二、三年前から、シンポジウムを改善しないままで、アクティブラーニングを進めていることが違和感がありました。それを改善する方法を今回実施しました。まだまだ改善可能ですが、まずは第一歩です。以下にそのポイントを書きます。

実は、私はシンポジウムに参加するのはあまり好きではありません。もちろん、パネリストがすごいと参加したくなりますし、話を聞き漏らしたくないとも思います。でも、あまり好きではないです。

なんと言っても、パネリストから聴衆に向けた話が延々と続くことです。個々の話は大変興味深いのですが、2〜3時間平気で続いたりすると、落ち着きのない私は会場外に出たくなります。「もっと話が聞けるようになれ」と子供の頃によく言われた気がしますが、我慢できないんです。話が面白いのに、聞けない、というジレンマです。

もう一つは、パネリストと聴衆とのやりとりが置き去りにされることです。多様な意見が発言されると言えば聞こえがいいのですが、要はごっちゃまぜの意見が発言され、パネリストはそれに個々に答えていく中で、全体の論点との関連が失われていくことです。

さらに、聴衆同士の話ができないことです。隣にいる知り合いと雑談程度の話はできますが、見知らぬ人との話はできません。

私にとって、理想的なシンポジウムとは、
パネリストからの話がある、
それを聴衆個人が要点を表現し(書き出したり、イメージ化)、
次は、それを聴衆同士で共有しながら、質問や提案が生まれ、
最後にそれを全体でシュアする。
それに対して、パネリストが答えていく、
といった連鎖が続くことです。

その中でも、聴衆同士の話をどのように効果的に入れていくのかです。上記フォーラムではそこを実験的にやってみました。聴衆もパネリストも初めての試みなので若干の不安があったと思いますが、主催者側の教員が聴衆のグループ作りを進めていただけたことで、短時間でグループができあがりました。見事なものです!

あと、聴衆もパネリストも論点をたえず意識することも重要です。議論するとどうしても論点からずれてきますので、それを意識する仕掛けが必要です。

確かに、時間や論点をきっちりとしたことで、逆に窮屈さを感じられた方もおられたと思いますが、200名以上が一同に介する場であればそれ以外の方法が見つかりません。

むしろ、全員がオンライン対話できるならば、もっと思い切ったことができますが、それはまだ先です。アナログの世界で勝負を賭けるべきです。

シンポジウム終了後、何名かの方がお話しに来て頂きましたが、シンポジウムの変わった形を初体験して楽しんで頂けたようです。

シンポジウムの運営を変えるというのはかなりリスクのあることですから、誰もやりたがたがらないですし、メリットもありません。

でも、私はそこを越えることで次の展望が見えると思っています。私のように、まったくマイナーな意見ですが、それでもシンポジウムが少しでも聴衆の気づきにつながり、行動へとつながっていけばありがたいと思います。

カテゴリー: Podcast, アクティブ・ラーニング, 大学, 高校 | コメントする

Learning Workshop Lab9月例会 故郷(弘前)で新しい仕事を創りたい! 若者の思いを可能にするお知恵を貸してください!

今回は、どっぷり個人フォーカス企画です。

どうすれば、故郷に帰って、自分の仕事を創ることができるのか?

この問いにずっと悩んでいる外崎佑実さんがいます。
彼女は、この例会事務局を務めてくれるのですが、大学入学以来、京都にいます。しかし、彼女は、故郷の弘前が大好きで、いつか帰りたいと思っています。でもそこには「仕事がない」。

確かに今のまま故郷に帰っても仕事を創ることは難しく、だからといって既存の働き口で就職するのはもったいない

では、もし外崎さんが、弘前に仕事を創るとすれば、どんな仕事が生まれるでしょうか。外崎さんでなく、また弘前でもなくても構いません。

今回は、そんな一人の若者の強い願いを応援する企画です

外崎さんをよく知っている人、
彼女の話を聞いてみたい人、
田舎での暮らしについて考えている人
行動のきっかけをつかみたい人
自分のスキルや能力を若者育成に役立てたい方

など大歓迎です。
具体的な事例を元に、若者が故郷で活躍できる場を考えていきましょう。

ゲスト:外崎佑実さん
外崎佑実(NPO法人グローカル人材開発センタースタッフ)
青森県弘前市生まれ。
立命館大学経営学部卒、京都大学経営管理大学院修了。
埋もれている人やものごとの良さを人に伝えることに興味があり経営学、マーケティングを学び、現在は若者の育成を進める京都市内のNPOでコーディネーターとして活動中。週末は関西圏でグラフィッカーや、弘前の「ねぷた祭」や「さくらまつり」、にまつわるイベントを実施しています。

————————–————————–——–
「参加する」をクリックしただけでは参加完了にはなりません。
以下から正式の申し込みをしていただくようにお願いいたします。
goo.gl/GFbtWM
————————–————————–——-

▼日時
9月23日秋分の日(12:30 受付開始)
13:00~17:00

▼会場
西川ローズ 寝装館 北山店
京都市左京区下鴨南野々神町1-13
https://goo.gl/maps/XhoDfWLRc3L2
地下鉄烏丸線「北山駅」(1番出口)下車数分

▼参加費
一般        2,500円
学生     2,000円

※参加費には食事代は含まれません。昼食やお菓子の持ち込みは可能です。例会後に希望者だけで懇親会を開催します。

▼連絡先
Learning Workshop Lab例会企画メンバー(筒井)
メール: Learning.Workshop.Lab@gmail.com

————————–————————–——–
「参加する」をクリックしただけでは参加完了にはなりません。
以下から正式の申し込みをしていただくようにお願いいたします。
goo.gl/GFbtWM
————————–————————–——-

カテゴリー: Learning Life Learning, Learning Workshop Lab, 大学 | コメントする

【京都工芸繊維大学「リ基礎1」終了。見学者115名達成!】

2コマ連続の授業のため、7月6日8回目が最終日でした。
この授業には、履修者数 144名  教員 9名、SA8名  見学者数のべ115名
270名以上の参加者が関わる大プロジェクトでした。

この授業を過去2年間作ってきたのは、工繊大教員の津吹達也さん
です。さらに、この授業を工繊大で人気科目にしたのも彼の功績です。
二年間の蓄積の中で最大の成果は、SA制度を始めたことです。しかも、
単に教員のお手伝いではなく、授業運営のほとんどを担っています。
まさに津吹さんとSAさんとの共作と言っていいと思います。

私の仕事は、過去二年間のシラバスを前提にして、新しい視点を導入することでした。
大規模授業でのグループワーク、パーソナリティー特性に基づくチーム分け、
反転授業の提案、学生の提案を迅速に授業改善に活かすMidterm Student Feedbackの導入、そして最も大きな事は見学者を常時迎え入れることでした。

「なぜ見学者を入れるんですか?」

とよく聞かれます。

一言で言うと、「学生の学びにゆらぎを与えるため」です。
教員が教える体系的な学びを崩しながら、学生が自ら学びを創り出します。
その際に、SAや見学者は大きな力となってくれます。
社会課題を解決するために、教室自体を社会そのものにすることは
まさに現場の切実感の中で学びを深めることになります。

 

SAさんの役割は最も重要です。彼らは、昨年度履修生で、この授業に愛着と共に、
使命感を持っています。一年年長の彼らが学生と一緒に学ぶことで、
教員から教えられることとは大きく異なり、一層意欲的に取り組みます。

このように教員が教えず、SA中心に授業を進行し、多くの見学者がいる中では教員の
コントロールがもはや聞きません。学生は自分たちでなんとかするしかないのです。

そうすると一番懸念されるのは、課題解決の提案レベルが落ちるかもしれない、ということです。

これについては、二年連続ゲスト講師を務め、審査委員も務めた方によると、昨年よりもかなりレベルが向上しているとのこと。今回始めて来られた他大学教員も一年生でここまでの提案をするのは驚きだと言っています。

私としては、課題解決の提案レベルとともに、学生がどのようなリーダーシップを発揮したのかが関心事です。これはかなり向上しています。データは追って分析します。

じゃあ、8回の授業をどう進めてきたのかですが、これについては、7回出席された見学者の由井真波さんがブログに書いておられますので参照下さい。

こうした挑戦は今後も続きます。
まずは第一歩が終わったということでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Learning Workshop Lab7月例会  発明家による「発明家思考」の育て方 -発明家実践養成講座—

 

発明したいけど、私にはそんなことは無理!

と思う方は多いです。本当にそうでしょうか?

 

実は、発明する素質は誰にでもあります。

しかし、その素質は磨かないといけません。

 

少しだけ考え方の訓練をすれば、新しい発想が生まれます。

その発想が発明の原点ですよ。

 

もうあなたは、大金持ちも夢ではないかも・・・

盲目の歌手スティービー・ワンダーに発明した画期的な点字装置を送った発明家がその秘伝を語ります。

 

概要:

発明を考えるという作業を通じて、物や事象を多面的に捉えることを体感し、発明家的思考を実感していただきます。

  • 発見と発明は違う
  • 発明はシナジーの成果物。
  • 99%の努力と1%のひらめきといわれるが・・・。
  • 発明の実例から学ぶ組合せの妙。
  • 発明のアプローチの仕方のいろいろ。
  • 発明家的思考が仕事にも生かせる。
  • 実際の組合せによる発明。
  • 特許取得の方法。

受講後の効果

物事を多面的に捉える事ができるようなり仕事の効率が上がる。

発明の実用化を発表して、興味を持つ人・会社に売却できる。

 

続きを読む

カテゴリー: Learning Life Learning, Learning Workshop Lab, アクティブ・ラーニング, 人材育成 | コメントする

【6/8 京都工繊大授業は、オンラインから視聴可能です】

一年生向けの選択必修授業「リーダーシップ基礎1」は、毎回、授業見学者を募集していますが、Zoomを使って、オンラインから授業を視聴可能です。

今回、Web会議用マイクを購入したので、学生の発表が聞こえやすいと思います。

以下のURLにお入り下さい。
https://zoom.us/j/6244023085

5限 クラス内チームの発表
6限 Midterm Student Feedbackの実施
です。

5限 午後4時10分〜5時40分
6限 午後5時50分〜7時10分

参加希望の方は、恐れ入りますが、コメントに書いて頂けるとありがたいです。

Zoomアプリをインストールしていない方は、
以下からZoomのアプリをダウンロード下さい。
https://zoom.us/download
「Zoom Client for Meetings」
をクリックして下さい。

カテゴリー: アクティブ・ラーニング, 人材育成, 企業, 反転授業, 大学 | コメントする

企業と学校セミナー   第二回 企業がいま求めている若者像とは? ~企業が学校教育にどう貢献できるか~

2月に開催した「企業と学校セミナー」ですが、好評につき第二回をさっそく開きます。初回の参加者が中心になって第二回の企画を準備しました。

概要:

新入社員が入って2か月、いまの若者について企業で働くあなたはどう感じていますか?

「ああしてほしい」「こんな人が来てくれたら」などいろいろ若者に対して要望があるとは思います。

その一方で、若者を育ててきた学校教育において、そこでの学びが将来の企業でどのようにつながってくるのでしょうか。

理想とする若者をただ待っているだけではなく、そういった人づくりに学校と企業が貢献する方法を一緒に考えませんか?

イニシャルトークは、企業側から予定しています。

  • このセミナーは、こんな方に向いています

・企業の新人教育に興味がある人

・学校教育に興味がある人

・企業と学校の連携方法を模索する人

・学校と企業とのギャップに悩んだ経験のある人

————————————————————

「参加する」をクリックしただけでは参加完了にはなりません。

以下から正式の申し込みをしていただくようにお願いいたします。

http://bit.ly/2rm9o3a

———————————————————–

▼日時

6月16日(金)午後7〜9時半 (18:30 受付開始)

▼会場

キャンパスプラザ京都第2会議室

京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939

京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車。徒歩5分

http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

▼参加費

​  2千円

▼連絡先

企業と学校セミナー事務局(筒井、山田、栗岩、佐藤)

————————————————————

「参加する」をクリックしただけでは参加完了にはなりません。

以下から正式の申し込みをしていただくようにお願いいたします。

http://bit.ly/2rm9o3a

———————————————————–

カテゴリー: アクティブ・ラーニング, 人材育成, 企業, 高校 | コメントする

【京都工芸繊維大学授業「リーダーシップ基礎」を見学されませんか?】

4月6日(木)から開催される授業に見学していただける方を募集します。全8回です。

これまで津吹 達也 (Tatsuya Tsubuki)さんが取り組まれたプログラムを踏襲して全体クラスを担当します。津吹さんには、全体統括と反転ビデオで学生の認知力を高めてもらったり、学内との調整をお願いする予定です。

受講生  :一年生100名以上(想定)
授業担当者:学内教員8名、ゲスト講師数名、学生スタッフ(SA)数名という多くの方が関わります。

私の仕事は、SAの育成と全体の仕組み作りになりそうです。

みなさんのご協力をいただければありがたいです。

授業見学に来ていただける方は、以下の日程を見て、コメント欄に
「*月*日見学を希望します」
と書き込んで下さい。
何度でも可能です。

フェイスブック友達申請がまだの方は、事前に申請していただけると、連絡がスムーズです。

それではお待ちしています!

授業概要
授業名 :リーダーシップ基礎1
授業対象:一年生
日程(木曜日5,6限 5限 16:10-17:40、6限 17:50-19:20)
1. 4月 6日 (木) 5限のみ 大クラス
2. 4月13日(木) 5限のみ 大クラス
3. 4月20日(木) 5/6限 大クラス
4. 5月11日(木) 5/6限 小クラス
5. 5月25日(木) 5/6限 小クラス
6. 6月 8日(木) 5/6限 小クラス
7. 6月22日(木) 5/6限 大クラス
8. 7月 6日(木) 5/6限  小クラス

場所:京都工芸繊維大学学内
京都市左京区松ヶ崎橋上町
地下鉄「松ヶ崎駅」すぐ
https://www.kit.ac.jp/uni_index/access/

続きを読む

カテゴリー: アクティブ・ラーニング, 人材育成, 企業, 反転授業, 大学 | コメントする

【京都工芸繊維大学授業「リーダーシップ基礎1」を 教員と一緒に創りませんか? 】

4月6日から始まる、京都工芸繊維大学の授業「リーダーシップ基礎1」を、私と一緒に創っていただける授業ボランティア募集!

工学部に入学した一年生にとって、最初の授業です。大学の授業がややりがいがあり、充実感があると思わせたい。そこから、未来の技術者としてのリーダシップを育成します。
かつては、ボランティアの方にゼロから授業計画を作ってもらいましたが、今回は、今年度まで担当していた学内教員(津吹達也さん)が創ってきたリーダーシップの授業を踏襲します。
したがって、ボランティアが授業のすべてを担当するのではなく、
1. SA(スチューデント・アシスタント)のチームを育成すること、
2. ボランティア自身のチームを創ること
3. 大講義での授業運営、
4. 授業分析などが
主たる業務です。
その前提として、みなさんが学生の「学びの同伴者」として取り組むことが一番です。
私は、2013年から15年の3年間、京都精華大学人文学部授業「グループワーク概論」「情報メディア論」では、合計25名のボランティアと、2016年後期大谷大学「大学の学びを知る」では、3名のボランティアと一緒に大学の授業を創りました。なお、2013年前期授業の模様は、以下の動画で見られます。 http://bit.ly/1tOKnvY
この授業にかける私の思いは以下です。
 未来の教育は、学生が自分の興味関心にもとづいて能動的に動き出すことをめざしています。そこでは個人の学びに終わるのではなく、仲間と協働しながら、正解のない問いに真剣に向き合うことでしょう。
 私はそうした未来の教育に一歩でも近づきたいと思っています。そこで大きな力を発揮するのが、教員・学生以外の第三者であるボランティアです。過去4年間の経験から、ボランティアの創造的なアイデアに依拠しつつ、学術的にも裏づけられた授業はここ以外では体験できません。
新しい挑戦者と出会えることを切望しています。
授業概要
授業名 :リーダーシップ基礎1
授業対象:一年生
日程(木曜日5,6限 5限 16:10-17:40、6限 17:50-19:20)
1. 4月 6日(木) 5限のみ
2. 4月13日(木) 5限のみ
3. 4月20日(木) 5/6限
4. 5月11日(木) 5/6限 小クラス
5. 5月25日(木) 5/6限 小クラス
6. 6月 8日(木) 5/6限 小クラス
7. 6月22日(木) 5/6限
8. 7月 6日(木) 5/6限   小クラス
募集内容について、Q&A形式で説明します。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Learning Workshop Lab3月例会 「いぬ 猿 きじは本当に桃太郎の仲間だったのか!」

Learning Workshop Lab3月例会

「いぬ 猿 きじは本当に桃太郎の仲間だったのか!

ー上下関係の人間関係力ー」

概要:

桃太郎の話の中には、桃太郎という上司がいて、いぬ、猿、きじという家来がいます。こうした上下関係をきっかけにして日常の人間関係を考えて行きます。

しかし、その関係を少しでもよくしたいと思っても、改善するための行動がうまくできないことが多いです。そこで、それを改善するアクティビティをしながら、自分にとって人間関係とはどのようなものなのかを確かめていきたいと思います。

  • この例会は、こんな方に向いています

・上下関係の中で悩んでいる人

・アクティビティを通して人間関係力を上げたい人

・子供との関係がうまくいっていない人

・印象力を上げたい人

・自分に自信を持ちたい人

・大人の楽しい体験をしたい人

ゲスト:下村恭子さん

(先生、パパ、ママサポート研究所『ままこポケット』代表、一般社団法人まなびのコミュニティー協会評議員)

「あそび」「楽しい」「笑顔」をキーワードに、子ども・親(祖父母)・指導者に「体験を通したまなびプログラム」を提供すべく活動。保育教育者育成、子育て支援事業、親としてのキャリア教育に尽力中

————————————————————

「参加する」をクリックしただけでは参加完了にはなりません。

ここから正式の申し込みをしていただくようにお願いいたします。

 

———————————————————–

▼日時

3月18日(土)(12:30 受付開始)

13:00~17:00

▼会場

西川ローズ 寝装館 北山店

京都市左京区下鴨南野々神町1-13

地下鉄烏丸線「北山駅」(1番出口)下車数分

▼参加費

​一般        2,500円

学生          2,000円

※参加費には食事代は含まれません。昼食やお菓子の持ち込みは可能です。例会後に希望者だけで懇親会を開催します。

▼連絡先

Learning Workshop Lab例会企画メンバー(筒井、外崎)

メール: Learning.Workshop.Lab@gmail.com(@を半角に)

————————————————————

「参加する」をクリックしただけでは参加完了にはなりません。

ここから正式の申し込みをしていただくようにお願いいたします。

———————————————————–

カテゴリー: Learning Life Learning, アクティブ・ラーニング, 人材育成, 企業, 大学 | コメントする

【過去回想:1995年日本初の海外とのネット授業】

別件で検索していたら懐かしいトップページに再会。
http://www.isc.meiji.ac.jp/~sakai/data/url/EduSite/dj50j.htm

富山大学人文学部に在籍していた1995年から5年間、私の自主ゼミと、ドイツの三つの大学(コンスタンツ・デュッセルドルフ・デュイスブルク大学)とで海外ネット授業をやっていました。

同年は戦後50年の年、私の元の専門であったドイツ外交史に関連つけて、「独日戦後50年の比較政治(Copmparative History between Germany(ドイツ語ではDeutschland) and Japan in Postwar 50 Years)」をテーマに共同授業をおこないました。
略称は、「DJ50」です。Dはドイツ語でドイツのことです。

四つの大学では、英語入門書で日本語、ドイツ語翻訳のある政治史テキストを採用し、各ゼミで共通シラバス、共通テキストで毎週授業していった。ゼミで話し合った内容は、英語でメーリングリストに報告して、それを元に四ゼミ生の間で、英語で議論しました。

それをテーマにした投稿論文が以下から読めます。
https://www.jstage.jst.go.jp/…/konpyutariyouk…/1/0/1_23/_pdf

当時の通信環境が富山大全体で1.4MBという劣悪な環境だったのでテキストとWebでのやりとりに限定されていましたが、英語が得意でない富山大生にとってはやりやすかったのかもしれません。

1995年と言えば、インターネット元年と言われて、コンピュータも安くなり、一般向けのプロバイダーも始まった時期です。また、オウム倫理教による地下鉄サリン事件や阪神淡路大地震の年でもあり、社会全体が大きく転換した時期です。

その時代に、法学部出身者であり、人文学部にいた通信技術の専門家でもない私がいち早く海外とのネット授業に乗り出しました。
その甲斐あって、1996年日本経済新聞社主催「文科系ゼミナールホームページコンテスト」で第一位を獲得し、賞金30万円をいただきました。この時期に海外プロジェクトをして、なおかつゼミ教員自らがプロジェクトに乗り出したのは富山大だけでした。そのときのサイトデータが残っていたので、添付します。

素人であって先んじて実践する私の活動の最たるものでした。
この精神はいまでも続いているし、大きなエネルギーとなりました。また、同時に、当時の通信環境でのネット授業の限界も知ったのでした。

いずれにしても、懐かしいし、記念碑的な1995年の活動です。あの頃参加していた学生は今や社会の中堅として頑張っています。

カテゴリー: アクティブ・ラーニング, 大学 | コメントする