杖代わりのキャリーバッグを買った

 骨折状態に慣れてきたので生活が楽になってきた。扇風機で足を乾燥させているおかげで順調です。

できるだけ歩かない方が楽なので、自宅から動かないようにしている。ただ、かなり以前に決まっていた研究会での報告はキャンセルできなかったので出かけることにした。ペイはないが、今、言うべき事であるからだ。

もっとも、会場までの往復には、電車での乗り降り以外は、できるだけ歩かない方法を考えた。愛用の赤色ハードパックシェル(既に赤色は販売されていないようだ。ますます希少価値!)を肩に担いでパソコンを入れるのは足に負担がかかりすぎる。かといって、松葉杖で、パソコンを持つのもつらい。

そこで、杖代わりになって、かつ衝撃からパソコンを守る構造になっているキャリー・バッグが必要になる。キャリー・バッグは、価格も安くなり、大人気だが、ほとんどの製品はパソコンを守る構造になっていない。近くの店にはたくさんの種類があったが、該当製品がなく、結局、百貨店に行った(その時にきんし丼を食べた)。

予想に反して、意外に数が少ない。「こんなに少ないならば、あきらめて元の店で買うしかないなあ」と思って、最後のコーナーであるビジネス向けコーナーに行ったら、奇跡的に一つだけ気に入った。色が黒だったのは残念だが、小型で、衝撃緩和構造で、車輪が四輪で、ハンドルの出し入れも容易であった。別の色の在庫があるかと聞いたら、日数がかかるとのこと。現品限りだったのだが、あきらめて買った。でも、これを買ったおかげで左足にあまり負担をかけずに歩けるようになった。もっとも、階段ではケンケン跳びを多用して歩数を省略したのだが、準備は整った。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください