2019年後期ボタンティア募集(4)【教師、学生、教師という伝統的な学びの場が学生の自主性を奪う!

2013年から、大学の授業を常時公開して、授業ボランティアを募集しています。また、Zoom中継して、オンラインの見学者にも入ってもらっています。

長く続いてきた学びの場(教師、学生、教室)をオープンにすべきだと思っています。
 かつて、スーパー教師が授業を変えるのはよくみられました。でも、今、最先端の挑戦をしている大学では、教師一人ではなく、第三者(Student Asistant、職員、ボランティア)などと一緒に改革しています。教師一人の頑張りの時代はもはや終わりです。教室という固定した場所はではなく、他の授業、企業、NPOなどと一緒に取り組むことが増えています。

つまり、オンラインも含めて、教室を越えた学びが増えています。学生は、受動的な学びから、自発的な学びへと転換することで、学ぶ意味が出てきます。「教師、学生、教室」というクローズドな枠組みから脱して、オープンな学びには、授業ボランティアが必要です。このことは、授業に関わるすべての人々にとって大きなメリットを与えます。

10月2日から京都工繊大ではじめる「リーダーシップ基礎2」に学外から授業ボランティアをやりませんか?

前例にとらわれずに、教師ができないことをやることで、学生が自発的な学びをはじめます。みなさんの力が必要です。既に何件かの問い合わせが来ていますので、残り1,2名でボランティアが確定します。希望者はお早めにお知らせください。

【実施大学】京都工芸繊維大学「リーダーシップ基礎2」(毎週水曜日15回)         
初回開講日:10月2日(水)午後5時50分〜7時20分
 最終開講日:来年1月22日(水)午後5時50分〜7時20分

以下を読んだ上で、お知らせいただければありがたいです。http://tsutsui-media.net/?p=3414では

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください